スーツと建物

不動産売却を円滑に進めましょう|知らなきゃ損するノウハウ

住宅を売却する制度

マンション

これまでの任意売却の歴史

ローン滞納によって住宅が差し押さえられ、そして競売にかけられるのを避けるために、自分で売却先を見つけるものとなります。この任意売却の歴史は割と浅く、バブル崩壊と共に急増したローン滞納と競売に対応するために行われるようになったものです。当初は専門の機関が主に扱っていたものです。競売物件を安く購入するにあたっては、居住者が立ち退かないなどのトラブルが多発したために、滞納者と買い手とが合意の上で売買契約を交わす仲介を行うという役割を担う機関が誕生したわけです。現在では、普通の不動産業者がこの任意売却を多く手掛けるようになっています。

任意売却を利用する不動産も増えている

任意売却は現在、大手の不動産業者も手掛けるようになり、その売却価格も通常の売買相場と変わらないようになってきています。それというのも、事情は明示することなく売却活動を行うことによって価格交渉を受けることなく、希望する提示額での売却を行えることが理由となります。とはいえ、その売却活動にも差押えまでの間という期限が定められているために、通常とは異なる営業活動が必要となります。そのためのノウハウを多くの不動産業者が蓄積するようになってきています。また、このような任意売却の対象となる物件には立地面や築浅などの優良なものも多いことから、取り扱いを希望する業者も増えてきています。中には自社で買い取りを行い、リノベーションを施して転売するケースも増えてきています。